NECOTO

2011年4月。

捨て猫だった「はな」を引き取り、写真を撮るようになりました。手のひらに乗るサイズの小さなちいさな命。抱きかかえて家に戻る車の中で小さな喉をゴロゴロならしていたのを今でもとても覚えています。猫は人にはなつかないものだと思っていたのに、ずーっと人についてまわり、帰宅時は出迎えてくれる小さなはな。はながさみしくないようにと里親募集サイトから巡り合った「しずく」を迎え入れ、オットと私、猫2匹の暮らしがはじまりました。
猫と暮らすようになってから、ボランティアの方の活動を知りました。保護猫ってなんだ?という方もまだまだたくさんいらっしゃると思います。
SNSがあたりまえになった今、情報はどんどんスクロールされていってしまう。そんな時代だからこそ、猫と暮らす人々の日常や保護活動をされている方の想いなどを残していきたい。
猫ブームがやってきて、安易に猫を飼い、いらなくなったから捨ててしまうという悲しい事例もたくさんおきています。
猫はかわいいだけではなく、「命」です。うちの猫たちは良く吐きますし、障子も破ります。夜中に何度も起こされたり、おやつの催促がすごかったり。
病気をする事もあって、医療費もかかります。
一緒に暮らしてみると、大変な事も多くありますが、私達はそれ以上にたくさんの幸せを与えてもらっていると感じています。
猫と人が共に暮らすことに興味を持っていただき、少しでも幸せな猫が増えると良いなと願っています。

環境省から公表された平成29年度犬猫の殺処分数は、犬8,362匹、猫 34,854匹、合計 43,216匹でした。ぺットを家族に迎えようと思った時、保護された動物を引き取ることも選択肢の一つに入れていただけたらと思います。

京都の八幡市で地域猫についてのボランティア活動をされている八幡地域猫を考える会を応援しています。知人が参加されていて、ブログを拝見するようになり、何か私にもお手伝いできないかと考え、保護猫の写真を撮らせていただくようになりました。こちらは今までに撮影させていただいた保護猫達の写真です。会の皆さまがお世話をされたほんの一部の猫たちです。

保護猫の写真を撮るようになって気が付いたことがあります。
「うちの猫となんだか違う。」
飼い猫ではありませんから、人を怖がるのは当たり前でそういった猫を人なれさせて里親さんを見つける。ボランティアの方はとても根気が必要な上、一緒に過ごすうちに猫に愛着もわきます。里親さんが見つかるのはとてもうれしいことですが、それは同時に別れを意味します。ボランティアの方も「猫もそのことをわかっていると思います。ずっと一緒に暮らせるお家を見つけてあげたいんです。」と話されます。猫のためにといってもそこには必ず「人」との問題が絡んできます。根気よく相談に乗り、解決策を探していく。なかなかできることではありません。

保護猫カレンダーを作るようになりあらためて写真を見返すと、ほとんどの猫がとても悲しそうな目をしているように感じ始めました。中には心を開いてくれるのだろうか?といった目をしている猫もいます。

写真には被写体と撮影する人の関係性が出ると思っています。飼い主さんや保護主さんが撮る写真のほうがかわいいに決まっています。

第三者の私の目を通すとどう見えるのか。

友人の家で暮らす猫は最初は私を怖がっていてもそのうち出てきてくれるようになり、遠巻きながら観察をしていると、とても安心しているように見えます。
そんな人と暮らす猫たちを撮り発信していくことで、猫と暮らすことに興味をもってくれる人が増えるかもしれない。そんな思いから猫と暮らす人たちを追いかけるプロジェクト、題して「NECOTO」はじめます。

人と暮らす猫を紹介することで1匹でも多くの猫が幸せになりますように。

これを書いている今、しずくが膝の上で眠っています。

(2019.2.22)

猫の日の本日、八幡地域猫を考える会に37,024円の寄付をさせていただきました。
内訳:保護猫カレンダー58冊×600円 多めに寄付してくださった方合計 350円 グッズ売上の1割 1,874円

Special Thanks!!!

【カレンダーお取り扱い】

西宮 クレープリールポ
西宮 FRAME*
大阪 青星
東京 Cat’s Meow Books
兵庫 マタン

【リトルプレスお取り扱い】

西宮 クレープリー・ルポ
奈良 とほん
京都 ホホホ座三条大橋店
大阪 blackbird books
神戸 storage books
クマヒコ書房
Neko Standard

(敬称略 順不同)