#002 うにと文太

満理子さんから『「うに」は猫っぽくないんです。 ”宇宙から来た子“ って呼んでました。』と言われ、宇宙から?どういうこと?って思っていたのですが、ドアを開けてお家に入らせてもらって、ふと見ると、この顔。
まるで誰もいないかのようにベッドの中で寝ていたのです。

猫と言えば、よその人が家にやってきたらどぴゅーんと逃げてしまったり、すりすりと人懐っこかったりするのですが、うにさんはなんていうか、超マイペース。 ”宇宙から来た子“ うん。妙に納得できる。

『うにさんは、ネットの里親募集で見て、動物病院で保護されていたところに会いに行ったんです。すぐ、うちの子にしよう!と決めました。でも、どういう経緯で保護されたのかいまいち不明で、前のオーナーさんの家で、他の猫ちゃんにいじめ倒されたとか……なんとか……鳴かない、高いところに上れない、遊ばない、心配だったけど猫じゃないみたいで 』

猫じゃないみたいな「うに」。うーん、確かに猫じゃないみたいな雰囲気が。

こちら文太くん。
そうそう、こういう感じで、「誰?」と遠巻きに観察してくるのが猫っぽい。

『 文太は、うにが好きで庭に現れた子です。でも庭を荒らしてねー。スプレーしまくる、植えたばかりの朝顔のプランターで用を足しているのを見たときには「こりゃ、去勢してあげるべ」と決心。でも病院で手術をするときに、エイズキャリアが判明。リリースを諦めました。今じゃ甘えん坊の良い猫さんです。手が掛からない。でも尿路結石のごはんがキライでね、今戦いの真っ最中です。』

文太君がエイズキャリアということや、うにさんを追いかけまわしてしまうことなどから、部屋を分けておられます。

文太君はとても怖がりさんでシャーってされました(笑)

猫と暮らすあるある、ブラインドが(涙)。我が家ももっと壊れています(笑)。

勢二郎さんとうにさん。うにさんは勢二郎さんが大好きだそうで、出張などでお家にいない時には勢二郎さんを探すそうです。

爪切りタイム。

おとなしいー。

北欧ビンテージの器でケーキとコーヒーをいただいてしまった!
ログハウスにお住まいのお二人。木の温かみがいい感じ!薪ストーブもあって、なんだか別世界でした。

ど、どらちゃん?(ドラえもんは猫なんだなと思う写真・笑)

近づいても全く動じないうにさん。

おやつタイム&抱っこタイム。

満理子さん、勢二郎さん、うにさん、文太君、ありがとうございました!

あれ?うにさんももしや三毛猫!三毛猫ちゃんがつづいています。

お二人のところには3匹目のクロさんがやってきたそうです。そういえばコウジさんとやすよさんのところにも新しい猫が。私が撮影に行くと1匹増えるのかな?(笑)
またクロさんにも会いに行かせてください!

2017年11月18日撮影 兵庫県 人2+猫2